東洋アロマ®とは

 

人間を自然界の一部としてとらえられている東洋医学的観点により漢方理論に基づきブレンドされた東洋アロマ®は、
様々な心身の不調の原因となる根本的な原因にアプローチし瞬時に心や身体の歪みを正常な状態へと導きます。
東洋アロマ®は陰陽六経絡やチャクラなどのバランスを整え、歪みを正常にする働きのあるアロマです。

 

東洋アロマ®セラピーとは

沖縄のやんばるで作られた東洋アロマ®オイルを用いて、ストレスや溜め込んだ不必要なものを排除し本来の自分に戻り自分らしい生き方をするためのアロマセラピーです。
セラピーによって様々な症状の改善と心や身体の歪みを正常な状態へと導きます。
東洋医学的な考えに基づくと、動物の種類によって住むところや食べるものが違うように、人も性質によって食べ物、場所、環境や生活の仕方が違います。その性質を知り勘違いしてきた生き方(考え方、想い方、物の見方など)を本来の生き方に修正することが、心から美しくなる秘訣です。
心も体も美しく、自分らしい生き方をするための改善方法や生活アドバイスをします。
 アロマセラピーとは一般的には、精油(エッセンシャルオイル)、または精油の芳香や植物に由来する芳香を用いて、病気や外傷の治療、病気の予防、心身の健康やリラクゼーション、ストレスの解消などを目的とする療法です。
伝統的に自然療法として根付き、王室も自然療法を愛用している英国では、アロマセラピーはリラクゼーション目的ではなく補完療法として医療・介護・福祉といった様々な場面で活用されています。

 東洋アロマ®セラピーは治療を目的としたものではありません。

ストレスは筋肉を緊張させその状態が長く続くと骨盤が歪み体全体に影響を及ぼします。体の歪みは血液やリンパ液など体液の巡りを滞らせ自律神経のバランスが崩れ肩こりや腰痛片頭痛など引き起こします。

ストレスによる持続的な筋肉の緊張が慢性的な症状を引き起こしている可能性があることを名古屋大学の安井博士らの研究グループによって報告されています(Journal of Neuroinflammation,2019)。